プロジェクトXは若い人には受けないのかなあ

大学を出て、新入社員(CTV)の頃、先輩の苦労話を聞くのは大好きでした。
難攻不落のお客様を落とした話。
会社でやった事ないイベントを立ちあげた話
当時、番組、イベント、営業…会社にはいろいろな苦労話が飛び交っていました。
多くは、たくさんのプレッシャーやストレスのなか
知恵と体力で乗り切り、落ちは、考えられない失敗のエピソード(これで笑いをとる)でした。
いつか、自分も責任のある立場になって面白い仕事をやってやろうと
自分を鼓舞したものです。
プロジェクトX(過去のNHKの番組)も同様です。
できっこないと思われたダムやトンネル、勝てっこないと言われたチームの優勝…
その達成の裏側には、たくさんの犠牲や熱意がつまっています。
番組をみて思った事は、「いつか泣ける仕事がしたい。」でした。
先日、コニックスの若手社員との宴会があり、
コニックスの不幸自慢になってしまいました。
(大した事ありませんが、)コニックスはこの20年で売上倍以上の40億円増やしています。
そこには、たくさんのチャレンジと失敗がつまっています。
仕事をとる苦労、行う苦労、そして達成する喜びが不幸話にはつまっていました。
しかし、「働き方改革」を言われる今、そんな話は受けないのであります。
何となく残念です。
会社はいつも競争しているのであります。
マイペースで仕事したい社員はいても良いし、逆に必要なのであります。
でも会社を引っぱっていくのは、プロジェクトXにあこがれるような人ではないかなあ?

# by conyx | 2017-07-20 10:59  

仕事の面白味は言われた通りにやらない事ではないですか

今朝、久しぶりに当社の営業マンを叱りました。
お客様の依頼に対して、依頼通りに仕事をしたからです。
何で言われた通りに仕事して私に怒られたのでしょう?
言われた通りに仕事したので、大変手間がかかったうえにブサイクな提案になったからです。
営業の面白いところは、言われた内容を頭に入れ、
もっと楽に、もっと早く、もっと安く、もっと面白くして
アウトプットする事ではないでしょうか?
何でここを逆提案しない?
何でここを変更してもらわない?
この部分が新人とベテランの違いなのであります。
経験と知識はそのためにあるのであります。
私はあまのじゃくなので言われた通り返答する事はまずありません。
そんな仕事をしてしまうのは、テンションの低い時です。
言われた以上の提案こそ営業のだいご味だと思います。

# by conyx | 2017-07-13 10:59  

中京テレビブリヂストンレディースオープンのプロアマでました。

今年も、CTV-BS-レディースオープンのプロアマにでました。
今年は、何とテレサ・ルーさんでした。
賞金ランキング上位の常連です。
外国人だから言葉を心配しましたが、達者なものです。
ラウンド中のレッスンもしてくれました。
自分でも気づいているのですが打ったあと左ひじが外に曲がるのであります。
きつく強制されました。
結構、途中何球か良い当たりがでました。
(ベストボール方式なので練習しても、あまり大勢に影響がないのであります。)
しかし、同伴のプレイヤーはシングルクラスでしたが、テレサはいつも随分オーバードライブしていきます。
女子プロのスイングはみると飛距離は「力ではない」と実感します。
あんなヘッドスピード(40ぐらい)で250ヤードをキャリーで飛ぶという事は、
やっぱり練習と道具なのであります。
さあ、少し練習するか。
e0196358_16424817.jpg

# by conyx | 2017-06-12 16:54  

久しぶりです

5月12日以来であります。
その間、忙しくて、日誌を書く気になりませんでした。
その間行った事。
・人事異動
・昇給
・中京テレビブリヂストンレディースオープン
・コニックスの株主総会
・アイビックスの株主総会(参加のみ)
・愛知県警備業協会の総会(参加のみ)
・愛知ビルメンテナンス協会の総会
・ビルメン協会の懇親旅行
・賞与…
5月から6月にかけては、たくさんの頭脳労働をする時期なので
心が落ち着かないのであります。
特に人材にからむ事は、正解がないので迷うのであります。
しかし、さしあたっていろいろ決めましたので楽になりました。
さあ、今期も頑張ろう。
さしあって、レディースオープンのプロアマの話でも続けて書きますか。

# by conyx | 2017-06-12 16:13  

働き方改革について思う

電通事件を発端にあたかも「長時間労働」が諸悪の根源のように言われています。
私はそんな報道を見聞きすると、これって日本をダメにするための陰謀ではないかと思ってしまいます。
私は、仕事というものが自分を成長させてくれたり、自分の報酬を増やしてくれたり、世の中の役に立ったり、人を幸せにしてあげたり・・・を実現してくれる尊いものだと思っています。
働き方改革の本文は、イヤイヤやっている仕事、たとえば報告書作りや上司のくだらない会議、帰りたいのに帰る事ができない状況、・・・などを効率化する事により、もっとやる気や成果が上がりやすくする事ではないでしょうか?
仕事を通じて、自分にちからをつけてもっとすごい自分になりたい、もっと稼ぎたいという人の時間に制約までつけてしばるのはいかがなものかと思ってしまいます。
とは言っても、そんな事をいっていると誰も入社してくださらない会社になってしまいます。
当社は、まず、「イヤイヤやっている仕事を洗い出し、効率化する」そんなところから始めましょうか?

# by conyx | 2017-05-12 16:30