<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

そろそろGW突入モード

3,4月のお祭りのような契約更新が過ぎつつありますが、
当社はまだまだ落ちつきません。
この不景気で、多くの契約がなくなりました。
また、逆にもっと多くの契約を頂戴しました。
なくなる契約も始まる契約も手間は大変なものですので
実は、皆は大変な忙しさです。

そんな状況下、またGWが始まります。
今年は中日クラウンズさんやエキトピアさんに加え、
アンパンマンミュージアムさんも始まりました。
久しぶりに現場は休みなしになりそうです。

こんな状況ですが案外、現場は元気です。
この地域の代表的なイベントのお仕事を頂戴できる「ありがたさ」と
良い仕事を行ったあとに頂戴できる「ありがとう」と「達成感」は、
やはり格別なのです。

仕事は「やらされる」から「自らチャレンジする」に変化した時、
「やりがい」が生まれるものです。

それに混雑するGWに休むより、その後、休んだほうがずっと得です。

しかし、その後でもホントに休めるかなあ?

by conyx | 2010-04-27 09:23  

JAL名古屋空港撤退報道に思う

昨日、新聞にJALの名古屋空港をはじめとする撤退案が載っていました。
これは、本末転倒であり、名古屋クラスの都市で国内線が成り立たないのなら
どの都市で成り立つのでしょう?と思います。

航空会社の役割は、飛行機を飛ばして人や物を運ぶことであります。
安易に不採算路線を廃止するのではなく、
損益分岐点を下げるのが本来ではないでしょうか?

この10数年、中小企業を中心とする民間企業では、
全ての事が見直され、現在に至っております。
それは、取引先環境、社員の待遇(給料、賞与、退職金・・)、仕入先環境・・・
これは、特に新たに職に就く若い人が影響を受けたと思いますが、
民間企業に勤める全員が影響を受けたのではないでしょうか?

変わらないのは、役人と議員と親方日の丸会社だけです。
JALは上場廃止をし、株主には大変な迷惑をかけました。
(ろくな情報開示もなく、株主責任とはふざけた話です)
社員や、退職者に対する対応は不十分だと思いますし、
その他の高コスト体質はどのように改善できたのでしょう?

増税問題も同じです。
中小企業並みに「聖域なき損益分岐点下げ」を行ってこそ
ではないでしょうか?

僕がやってあげるよ。

by conyx | 2010-04-24 06:34  

「クレームを直す事」こそ成長

先日、久しぶりにクレーム対応で謝罪に行ってまいりました。
大変お怒りでしたが、ありがたい情報をいただき大変感謝しています。
これは、心からそう思っています。

その心は、
・やっと見つかった。(伸びない理由が)
・これで直せる。
・これからは成長できる。です。

クレームの多くは、
自分目線とお客様目線の違いであります。
(自分たちは良い所を見て良いと言い、お客様は悪い所を見て悪いと言うのです。)
そんな事を思い出す事は「初心」に帰る事になります。

また、お客様はたった一つの事では怒りません。
クレームになる前の10の目に見えないクレームがあるのです。
一つのクレームから10の手直しができると
これは、本当に仕事した気になるのです。

そして、お客様の予想を上回る対応をすれば、「感動」になり、
「雨降って地固まる」になるのです。

だから、
私はクレーム対応は大好きです。

by conyx | 2010-04-16 14:02  

4月は心機一転、変化を考える

4月になり、当社も新卒が2名入社していただけました。
街を歩いていても、ポカポカ暖かく、桜は満開。
研修中の社員を随所に見かけ、何となく、「心機一転」気分です。

環境が変化した方々の新鮮な緊張感を「良いなあ」と思いながら、
やはり、意を強くする事は、「変化」に対してどん欲でありたいという事です。
今回の契約更新や入札においても、多くの喪失がありました。
しかし、新たに獲得したものもたくさんありました。
本当に世の中は変化しています。

今春は、指定管理者で福祉関係のお仕事を頂戴し、
栄養課の仕事、アミューズメント分野の仕事も頂戴し、
従来の得意分野でない分野が伸びました。

また1年かけて、新しい事にチャレンジして、
楽しくしていきたいものです。

by conyx | 2010-04-05 19:34