<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

あっぱれ町工場

先週、ipadが発売になりました。
当然、新製品好きの私は買いました。
喜んで使っていたら、中国の漢王科技が、そっくりの商品を発表したという記事を見ました。
(なんと中国では、ipadは商標登録されていて、アップルは当面、売らないそうです。)

恐るべきバイタリティです。
いかん負けると思っていたら、昨日バンキシャで大阪の町工場が
電気自動車にチャレンジするルポが放送されていました。
詳しくは、大淀製作所のHPに載っています。

すばらしいチャレンジ精神です。
電気自動車は誰だってつくる事ができるのです。
日本も捨てたものではありません。

人口減少の日本にとって成長の必須要素は、
世界でトップになれる分野の育成だと思います。
そんな分野は、環境、電池、新エネルギー、等々電気自動車もそうです。
是非、官民あげた成長戦略をつくってもらいたいものです。

by conyx | 2010-05-31 11:14  

3Kで給料安い会社の従業員満足

お題は、先日、ロータリーで15分卓話をしたタイトルです。
案外、好評で皆から「良かった」と言われました。
(ロータリーは大人ですので、いつも皆ほめてくれますが・・)

3Kとは、汚い、きつい、きけんでしょうか。
楽しかったテレビ局のサラリーマンから転職し、
待ち受けていたものは、500%の「がっかり」です。

なかでも一番の「がっかり」は、現場で働く人たちのほとんどが
「やりたくてやっているわけじゃない。」と
「こんな会社、最低」という悪口でした。
先輩古参幹部に「社員満足を上げるにはどうすれば良いだろう?」と聞けば、
「3Kで給料安いこんな会社に幸せはない」と言い切られるしまつです。

それから14年、今も給料は安いですが、随分「会社」は変わったと思います。
(期待もこめていますが)
スタッフでこのお題で語れない人は「もぐり」ですので、私がもう一度伝えてあげます。
読者で聞きたい人は話にいきますよ。

別に聞きに来なくてもこのHPの「ポケットカード」を読めばわかりますけど・・・

by conyx | 2010-05-27 06:37  

韓国戦惨敗に思う

やっぱ腹の虫がおさまりません。
書かないでおこうと思いましたが・・・

ワールドカップを前に日本代表は韓国に惨敗しました。
岡田監督や中村俊輔の自信をなくしたうつろな会見には
心の底からがっかりしました。
前回までは、ワールドカップを前にすると、テレビを買ったり、
応援用のユニフォームを買ったり、大変でしたが、
今回は、全くその気になりません。

そんな状況で、一番頭にくるのは、岡田監督を選んだサッカー協会です。
こんな風になるのは、予想できたでしょう。
ブラジルでは、サッカーの下手な人を「日本人のよう」というそうです。
残念ながら、出場国の中でサッカーが一番下手なのが日本でしょう。
これは、文化だからしょうがありません。
そんな国の代表監督が「岡ちゃん」で世界に通用するはずがないでしょう。

体格でも体力でも(サッカーの)歴史でも(サッカー)文化でも負ける日本代表が
叡智を集めてヨーロッパや南米の強国に勝つことを
期待していました。

今からでも遅くないから、
監督をストイコビッチにして、小野や小笠原を代表に入れて総入れ替えしたら。

by conyx | 2010-05-26 22:20  

中京テレビブリヂストンレディスオープン

今年も盛況なうちに中京テレビブリヂストンレディスオープンが終了しました。
日曜日はあいにくの雨でしたが、金土の人出はすごいものです。
ひと昔前では考えられない人数であります。
これも女子プロ人気とイベント努力の結果でしょう。

今年もプロアマに参加させていただきました。
今年は、トアギョクさんでした。
現在55歳の永久シード選手です。
愛想も良く、プレーも年齢を感じさせないバネのようなスイングです。

実は、この数年、プロアマの日は1年で一番好調な日の一つであります。
理由は、
・コースコンデションが最高な事
・女子プロに引きずられてリズムが良くなり、振り急ぎとヘッドアップが減る事
であります。

18ホールをそこそこのスピードで回りますので、ゆっくり教えてもらう余裕はありませんが、
見ているだけで大変参考になります。
とにかく不思議な事は、女子プロのゆっくりスイングで250ヤード飛ぶことです。
これを見ると「ゴルフは力でない」と、毎年筋力が落ちていく自分が勇気づけられます。
今年もまた、良い目標を見ることができました。

by conyx | 2010-05-24 06:40  

心ゆたかに生きる

先日、「心ゆたかに生きる」という講演会を聞いてきました。
福岡の南蔵院の林覚乗住職の話でしたが、
一時間半通して話されたのは、いろいろなエピソードです。

貧しかった親が子供のためにいろいろしてくれた話。
ある先生が貧乏で汚らしかった子供を励まし、医者になった話。
戒名だけのはがきをお墓に配達した郵便局員の話。

それぞれにグッときて、感動しました。
人生至るところに感動ありです。

人に期待するのではなく、自分の思いを大事にしていく。
私自身も当社の名もなき「地上の星」たちから、感動の涙は何度かもらっています。
それは、コニーちゃんポケットやお客様からのアンケートでたまにかいま見る事ができます。

私自身、中京テレビやめる時、感謝した事は、
給料たくさんもらえた事よりも、自分を成長させてくれた事、友達をたくさん作ってくれた事です。

「心ゆたかに生きる」これが、(しばらくは、)私のキーワードになりそうです。

by conyx | 2010-05-17 15:30  

障がい者の方をもっと受け入れたい

昨年の社内QC大会で優秀賞をとった現場には、耳の聞こえない社員が働いています。
見た目は普通ですが、実は危ない事はいっぱいあります。
でも、りっぱに働いて頂いています。

そんな彼女もQCでは、発表の一部をうけもってくれました。
少したどたどしい発音でしたが「きっちり」できました。
内容も充実していたので賞もとれました。
現場のみんなとコーディネイトした営業社員は泣いていました。

本当にうれしい瞬間でした。

昔、私が支店長(10年前)をやっていた頃は、全然ダメでした。
障がい者の方を雇うと「面倒見切れない」とクレームの嵐でした。
今は受け入れてくれる社員が増えてきました。
やっと会社は変わりつつあるのです。

私は、7歳の時に父が死に、末の弟は障がい者です。
いつも心では、母子家庭と障がい者を応援しています。
でも、会社では、なかなかできませんでした。

本当にありがたい社員が増えたと感謝しています。
どんな人でも受け入れられるわけではありませんし、
どんな現場でも受け入れられるわけでもありません。
しかし、毎年増やしていきたいものです。

やっぱ仕事には、「涙」や「達成感」、「役に立っている感」が必要でしょ。

by conyx | 2010-05-10 09:57  

GWが終わって

GWが終わりました。(9日までの人もいますが・・・)
当社が担当しているイベントは無事盛況に終わったようです。
ありがとうございます。
特に中日クラウンズでは、石川遼くんが圧巻でした。
丸山茂樹が「穴が全部傾斜のいやらしいところにあって入らない。」なんてコメントもありました。
ほとんどの選手がスコアを伸ばせないなか、58は奇跡であります。

さて、長い休みが終わると待っているのは、進んだ日にち分の仕事であります。
さしあたってこの2日間で、昇給、昇格に人事案、
ビルメンニュースの原稿に結婚式の主賓挨拶案、
明日は業界の関係で東京出張、17日にはロータリークラブの「たくわ」が待っています。
4月で人事のあった会社さんには、期首のご挨拶かねて訪問しなければならないし、
20日からは中京テレビブリヂストンレディスオープンが始まります。
最終週は、当社株主総会をはじめいろいろな総会で目一杯です。

忙しい事は、ありがたい事です。(つまらないオチですが・・)

by conyx | 2010-05-06 08:11