<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

人が良いとだらしないの違い

以前、ホンダカーズ中央神奈川の相澤会長のセミナーで
「中小企業には、能力の良い人間は来ない、でも人の良い人間は来る。
当社は、人の良い人間だけを採用する。」
と言われました。
同感です。弊社も「人の良い人間」を採用しています。

私は、「人の良い」人が大好きですが、例えば
重要な仕事で遅刻してきても、「良いよ」という上司。
会社の約束事を守らなくても、「良いよ」という人。
これは、「人が良い」のではありません。
「だらしがない」のです。

「人が良い」のと「だらしがない」は似て見えるのでたちが悪いのであります。
「だらしのない」人がトップや幹部いると会社はつぶれます。

私は、「人の良い」は目指していますが、「だらしない」と
言われないように気をつけねばと肝に銘じています。

by conyx | 2012-09-24 08:46  

尖閣国有化について思う

尖閣諸島が国有化されました。
中国は大騒ぎです。
間違っているかもしれませんが私は、残念です。
これで尖閣は人の住めない島になりました。
領土として重要なことは、日本国民が住んでいるということでは
ないでしょうか?

日本という国は、アメリカに守ってもらっています。
自国の軍隊をもたない日本が、近隣の中国や韓国が
不法な行為をした時、どれだけ対抗できるのでしょう?
日本国の領土を守るという事を
本気で考える時期ではないでしょうか?

by conyx | 2012-09-13 11:06  

近所の障がい者支援施設

会社の近所に障がい者の就業支援の喫茶店があります。
残念ながら、あまりお客さんが入っていません。

一度、私も入ってみました。
細かいことは忘れましたが100円のコーヒーを注文しました。
コーヒーとお菓子が2~300円分いただけました。
その時はうれしかったのですが、それ以来行っていません。

理由は、お菓子を頂きすぎだからです。
支援するつもりで入って儲けました。
これは、やっぱり面白くない。

コーヒー100円に対して原価は、それ相応にしてもらいたいです。

価格を決める事
対価を決める事
これはやっぱり大切な問題です。

by conyx | 2012-09-12 12:57  

週末にマーガレットサッチァーを観ました

知らないうちに更新を1ヶ月もしていませんでした。・・・
さて、週末にレンタルビデオで「マーガレットサッチャー鉄の女の涙」を観ました。
映画を見て「鉄の女の涙」なんて全くいらないと思いましたが・・・

さて、サッチャーは、小泉改革の見本となった改革を行った人です。
ストと社会福祉等による慢性財政赤字に悩まされていたイギリスを
小さな政府(民営化)、規制緩和、所得税・法人税減税、消費税増税・・等で
立て直しました。
その後のゆり戻しや現在の格差社会の原点と言われる批判で評価はまちまちですが、
あらためて気づいた事はフォークランド紛争です。

イギリスから2万キロも離れたフォークランド諸島をアルゼンチンに占拠され、
サッチャーはすぐに軍隊を送り込み、多くの艦船と兵をなくしながらも
(アメリカの支援をうけ)取り返したのがフォークランド紛争(戦争)です。

その時サッチャーは、「人命にかえてでも我が英国領土を守らなければならない。
なぜなら国際法が力の行使に打ち勝たねばならないからである。(ウキペディア)」
と言ったそうです。

竹島も尖閣も「ため息」というより「領土に対する不安」が先行します。
どうすれば、日本としての誇りある対応になるのでしょう?

by conyx | 2012-09-10 10:21