<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

切磋琢磨が前提の和気あいあい

あるセミナーで「和気あいあい」の欠点は、
一番遅い足の人にあわせるような仕事になる、
と言われました。
同感であります。
社長になり少し改まりましたが一番嫌いなことは、
低いレベルに合わせる事です。
マイペースが一番ですがまだ高いレベルについていくほうが
ましです。

私の好きな和気あいあいの大前提は、切磋琢磨です。
我々の業界には色々な人が入ってきます。
助けたり、励ましたりする事は大変重要です。
しかし、会社においては、和気あいあいのなかに切磋琢磨は必要なのです。

一番残念なのは、傷口をなめあったり、
できない事を納得し合う和気あいあい。
これは、最悪ですね。

by conyx | 2013-02-21 14:21  

私は言いました

高学歴や一流企業の人たちには、
「言えば云う事をきいてくれる」と思っている人がいます。

大体、当社でもクレーム等の改善がうまくいかず再発したりした時
一流企業や有名大学出身の者ほど言い訳でいうのは、
「私は言いました」(私の責任でない)です。

中小企業は言っても誰もやらない(たとえ社長が言っても)が基本です。
だから、中小企業は面白いのです。

誰もやらないし、やろうともしないし、下手すると聞いてもいない。

これを何とかするのが中小企業のリーダーたちです。

弱い野球部を甲子園にでるようなチームにする事は
最高に面白いと思います。

中小企業の不足感を楽しみに変える自由さが
中小企業の楽しいところだと思います。

by conyx | 2013-02-14 13:31  

いつでも携帯電話に出る人たち

セミナーなんかに参加してがっかりするのは、
セミナーの最中に平気で携帯電話に出る人です。
たとえ、本人が小さい声で話しているつもりでも
これは大変迷惑です。
携帯電話っていつもそんなに急用なのでしょうか?

ゴルフの最中でもそうです。
同伴プレイヤーが携帯電話にでて延々と話し、
おかげでちっとも打てない時もそうです。
大抵、その後はミスショットです。

パーティーでもそうです。
電話にでるって「つまらない」のサインのような気がして
私はまずでません。

携帯電話の取り方気にする人が増えると良いですね。

by conyx | 2013-02-06 12:18  

無駄に思える仕事をたくさんしてる人が強い

我々のようなサービス業において一番大事な事は日頃であります。
その日頃、どれだけ言われた事以上にやっているかが評価であります。
よく仕事でほめられないという人の多くは、
言われた事しかやっていないのであります。
営業活動でも同じです。
言われた事だけ、起きた事だけ対処している人には、
全くハバがありません。

でも、それをするにはやっぱり好きな仕事になっていないと無理ですね。
好きな仕事だからいろいろな無駄な事がしたくなるのです。
ため息ばかりついている人が
仕事に対してワクワクしながら無駄な事をする事はないのでしょう。

本田宗一郎が言った「得手に帆をかけて」が理想です。
適材適所でそれぞれが好きな分野で無駄な事を
いっぱいしている会社にしたいものです。

by conyx | 2013-02-04 15:34  

笑顔を見せないと開かない冷蔵庫

友人から面白い記事をもらいました。
そこに書いてあったのは、
2012年グッドデザイン賞ベスト100に
ソニーコンピューターサイエンス研究所が開発した
「笑顔を見せないと扉が開かない冷蔵庫が選ばれていたようです。
目的は「日常生活の中で積極的に笑顔になる機会を増やすこと」にあるそうです。

笑顔のもたらす効能は、気分を高める効能だけでなく、
健康にも良い影響があると(ナチョラルキラー細胞)と立証されています。
これが、発売されたらすぐに買います。
目的は、妻の笑顔を増やすため。

同窓会やPTAの人間と話す時は、甲高い声でうるさいぐらいですが
私と話す時は、2オクターブぐらい下がった声です(お互い様かな)。
食事を作りながらだいたい文句を言っています。
最高レベルの笑顔でないと開かない冷蔵庫があれば楽しいなあ。

これって会社のドアとかにも組み込むと面白いなあ。
僕がメーカーならすぐ作るけど。

by conyx | 2013-02-01 13:11