<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

仲良しクラブじゃ困るんです

インターネットでニュースを見ていたら、
アジア杯で惨敗した日本(サッカー)代表の事が書いてありました。

結論は、「惨敗の理由は仲が良すぎる事・・・」のような事が書いてあります。
そのニュースで印象に残ったところが、
サッカーでなくバレーボールの竹下佳江の話です。

「ロンドン五輪のバレーボール女子で28年ぶりとなる銅メダルを獲得した竹下佳江の言葉を思い出す。まだ現役だった頃、インタビューで「競技に対する厳しい姿勢は若手にも勉強になっているのでは」と問うと、「チームが目標に向かって一丸となるのが大前提」としたうえでこんな答えが返ってきた。

 「全日本は何よりも勝つことが求められる場所。内容よりも結果でしか評価されないんです。時には選手同士で厳しいことも言わなければならないし、それが苦しい時もある。でも、仲良しクラブじゃ困るんです」」

同感です。
我々の会社は、全日本とは違いますから、次元が違いますが、
守るため、成長するためには、厳しさは必要ですね。

by conyx | 2015-01-29 19:21  

七帝柔道記

先日、久しぶりに3日で本を読み終えました。
「七帝柔道記」(角川書店)です。
私にとって、3日で読めない本はたいてい「つんどく」に移行していきます。

面白かった。
私より5才ほど若い著者の北海道大学柔道部時代の話です。
私も名古屋大学アイスホッケー部に2年目まで所属していましたので、
似たようなものです。
思い出しました。

旧帝国大学には、七帝戦という対抗戦があって、
その優勝のために結構命がけで練習しています。
素質も経験もないものが、「何でそんなに一生懸命やるの?」です。

去年、名大アイスホッケー部はインカレに出場しましたから、
多分、すさまじい練習したと思います。

今、うちの次女は「どまつり」にはまっています。
はたで見ると、「あほか」ですが、
「打ち込む」事は青春の特権であり、「成長」なんでしょう。
確実に良い思い出になっていくでしょう。
e0196358_12323329.jpg

by conyx | 2015-01-23 08:05  

営業の面白いところ

年末年始にかけて結構たくさんの面白そうな中途社員を採用しました。
たった一人しか内定をださなかった優秀そうな大卒新卒社員に
逃げられちゃった事もあり、採用を強化したところ
けがの功名であります。

たくさんの面接をして思う事があります。
営業志望の多くの人間と話しますが、
有言実行タイプは、ほとんどいなく、
不言実行(不言不実行?)タイプばかりが当社には、面接にきます。
「まだ、仕事していないので、大きい事は言えません。」
という安全運転発言の方が圧倒的に多いですな。

しかし、入社後、早く頭角をあらわす人は、有言実行タイプです。
営業なんて仕事は、良い意味で「ウソ」がつけることが楽しいのであります。
困難な事を「できる」と言い、その「ウソ」を「本当」にしていく事が
成長であり、感動なのであります。
当社のような「形のないサービス」を売り物している会社であれば、
いくらでもいえるでしょ。
(そのかわり、命がけで「本当」にしなくてはいけないけど)

営業の楽しみは毎回、言った事を実現していく、
そのプレッシャーでしょうか?

by conyx | 2015-01-22 12:05  

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

大筋のあいさつ回りは終わりました。
あとは、また2月に行けなかったところや契約更新が発生するところ中心に行います。
久しぶりに各部門長とゆっくり1日過ごすと、ありがたい話やびっくりするような話が
聞こえてきます。

良い話は、私を元気にしてくれますが、残念な話は、自分の力不足に
がっかりします。
一つ聞いたガッカリ話は、年末に辞めた社員が、
自分が提出した見積もり等の文書をPCから全部消して辞めていきました。
会社の財産を勝手に消すなんて、これ、犯罪でしょう。

こういう事が起きるのは、しでかす人間だけでなく、会社が悪いのです。
みんなで良くしていこうね。

さて、本年の大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公の吉田松陰。
吉田松陰の語録がカレンダーに書いてあり、
感心しましたので披露します。

・理想なき者に計画なし
・計画なき者に実行なし
・実行なき者に成功なし
今月は、さしあたってこれを胸に刻んで仕事しよ。

by conyx | 2015-01-16 16:10