クレームその2

クレームについてもう一つ思うことがありますので書きます。
以前ある定期清掃(WAX掛け)行っているお客様から解約に近いクレームをいただきました。
内容は、定期清掃に行った人間が、鼻をかんで隣の他人のビルに捨てたようです。
「恥ずかしい」話です。改めて考えても、そんな業者絶対使いたくないですね。
当時の責任者はみんなを集めて、激を飛ばしました。
「隣のビルにゴミをすてるな!」です。
これって解決ですか?
こんな対応していたらまた、何か起きます。
私は、頭に来て、指示を出しなおしました。
「定期清掃時、(できるだけ、)隣のビルの方に挨拶しなさい。
作業終了後、隣のビルのまわりを掃除してきなさい。」です。
そもそも汚してなかったら、隣のビルの荒清掃なんて、10分以内です。
でもこれをすれば、お隣にも、お客様にもほめられる。
ほめられれば、本人たちも気分がよく、作業も丁寧になる。
もっとほめられる。仕事増えるです。
この指示は、10年以上前の話ですから、お客さまによっては、
「コニックスできていないよ」とお叱りを受けるかもしれません。
でも、コニックスのサービスの心はこれも原点です。

by conyx | 2018-01-11 18:51  

<< 成人式について思う 新春にクレーム対応について思う >>